よくある探偵と依頼者のトラブルについて

探偵と依頼者の間でトラブルが発生することがあります。
どのようなトラブルが、探偵との間で発生するのか、依頼者はあらかじめ知っておくと、トラブルを回避したり、万が一にトラブルになってもすばやく対処ができます。

調査料金の返金に関するトラブル

探偵に調査を依頼して、調査が失敗したり、調査結果が依頼者が思っていた結果と違ったとき、探偵に調査料金の返金を求めることがあります。
この返金ですが、探偵も特定商取引に分類されるため、クーリングオフの対象ですから、基本的に返金要求に応じてもらうことができますが、調査結果が気に入らないといった理由で、調査になんら問題がないのに返金を要求することはできません。


調査の失敗に関するトラブル

先の返金に関するトラブルにも関係してくるのですが、探偵事務所に調査を依頼して、「調査が成功しました」といって、受取った情報がまったくの嘘だったり。
調査が失敗しましたといって、まったく調査を行わず、適当に調査報告書をでっち上げて調査活動費を受取るといった悪質な業者とのトラブルがあります。


調査がバレた場合のトラブル

調査が失敗するとき、調査対象者に探偵が気づかれてしまうことがあります。調査対象者に浮気調査がバレるというのは、探偵がもっともやってはいけないことです。
浮気調査がバレると調査を依頼した依頼人と調査対象者の関係が悪化して、暴力を振るわれたり、浮気を疑われたことで離婚、といった可能性もあるのです。


どのようなトラブルがあるのか、まずは探偵とのトラブルの事例について調べてみてください。
また、探偵のなかには、依頼者を騙そうとする悪質な業者もいるため、そうした業者に騙されないようにするためにも、トラブルについて調べるのが大切になってくるのです。

もっと探偵について知ろう

福岡の探偵を知る
調査のことで確かめたいことがあったら、まずはネットを使って調べてみよう。探偵のことをもっとよく知ってから調査を依頼しよう。


さいたま地方裁判所
裁判関連の情報を集めるなら、まずは裁判所のホームページを確認して手続きの方法をチェックしましょう。